ふむふむ

文法も構成も内容も気にせず、1時間で書くブログ

塾は本当に必要なのか?

スタディサプリや学びエイド、YouTuber講師など「スマホ授業」が増えている。もはや勉強は、対面で教えてもらうようなものではなくなっているのかもしれない。数年前までは「今でしょ!」なんて世間を賑やかしていた映像授業ですらも、もはや時代遅れになり…

自信を身につける方法

10代までに負った小さな傷が、ずっと残ったままの人は少なくない。仲の良かった友だちに突然にそっけない態度をとられたり、自分のコンプレックスを周りに指摘されたり、好きな人に裏切られたり。些細なことかもしれないが、これらの出来事は子どもにとって…

なぜ、「すごい教育者」のSNSには内容がないのか?

「教育者としてこの人はすごい!」と思える人ほど、SNSをやっていなかったり、やっていたとしても内容のない(のほほんとした、どうでもいいような)ことばかり書いていたりする。これは統計の類は一切取っていない完全なる主観だ。実際は違う可能性もあるか…

LGBTsを「気持ち悪い」と思うことは悪ではない

学生時代、仲の良い友人がゲイだった。彼から何度も告白されたが、生粋ストレートだった僕はその全てを払い除けてきた。その当時は「LGBT」なんて言葉はまだ誰も知らなかったし、性的マイノリティの存在もさして話題になっていなかった。むしろ、「ゲイ」はI…

「普通の人」という表現は使っていい

「普通の人」という表現を使わないようにしている。 先日書いた「「社会不適合」ってなんだろう?」でも、「普通の人」という表現は使わず、「なんでも卒なくこなし、上手に世を渡っていく社会適合者」としている。というのは、世の中には「普通の人」なんて…

「社会不適合」ってなんだろう?

僕の周りには自称「社会不適合者」が多い。学校や会社に適さず、引きこもってしまう人や日本という環境に適さず、海外に行ってしまう人など、彼らは確かに不適合なところが多いかもしれない。僕自身も社会不適合者だと言われても仕方ないような人間だけど、…

性教育の問題は「いつ教えるか」ではない

性教育の問題を語るとき「中学生にはまだ早い」とか「小学生から教えるべきだ」とか「いつ教えるか?」に焦点がいきがちだ。しかしそんなことは、あまり重要な問題ではないように思う。というのも少なくとも僕の周りで、小学生の頃にエロ本読んで何かが狂っ…

これから大事なのは「居場所」を持ちつつ挑戦していくこと

留学当初は日本人となるだけ喋らないようにしていた。せっかく海外に来たというのに、日本人とばかり喋っていては日本にいるのと変わらないからだ。海外に来たからには、外国人とたくさん喋って、できる限り早く英語を身に着けて、いろんな文化の違いを感じ…